☆☆☆☆☆人気ブログランキングに登録しました♪♪♪☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆面白かったらクリックお願いします♪♪♪☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆人気ブログランキングへ☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆笑えなくても…ご愛敬♪♪♪☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆人気ブログランキングへ☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆応援ありがとうございます♪♪♪☆☆☆☆☆☆

2009年08月26日

深夜の特権A

続き


話を『深夜の特権』に戻します。

時々気前の良いお客さんがいたりして、常連さんではなくても
『夜遅くに頑張ってるね!』
と言って自分が買ったおにぎりやチョコレートの一部をくれたりします。

せっかく自分のために買ったものなので申し訳ない気持ちがあり一度は断りますが、相手の好意を断るのは逆に失礼なことなのでそれでもというお客さんのご好意には甘えます。
もちろん、最上級の笑顔で☆

中にはごくまれに現金をくれるお客さんもいます。

私は男なので買いもののお釣りだったりジュース代だったり、ささやかな気持ちの範囲内の金額しかもらった経験はないのですが、昔働いていた女性の話では別のコンビニで働いていたときにあるオジサマから諭吉さんを貰ったことがあったそうです。

確かに女性の深夜勤務は珍しいのであげたくなる気持ちも分からなくもないのですが、諭吉クラスになると逆に下心がないか警戒してしまいますよね。

ファンならまだしもストーカーにでもなったら…

お金だけにおっかねぇ〜♪



あっ、ココ笑うところですよ☆
遠慮しないで♪ モバQ

私のオヤジギャグは中学の頃からですよっ☆(不治の病☆)


…にしても、うらやましい☆$$


posted by OK! at 10:27| Comment(0) | 自虐ネタ☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。