☆☆☆☆☆人気ブログランキングに登録しました♪♪♪☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆面白かったらクリックお願いします♪♪♪☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆人気ブログランキングへ☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆笑えなくても…ご愛敬♪♪♪☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆人気ブログランキングへ☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆応援ありがとうございます♪♪♪☆☆☆☆☆☆

2010年02月02日

親と向き合う☆B

続き


父  『色々検索してたんだけどリフトの資格アリの募集ばかりでクソ〜むかっ(怒り)って思いながら探してたんだけど来週から2月(失業保険切れる☆)だから勝負だと思ってる☆手(グー)


私  『そうだね☆』


父  『ハローワークでリフトの資格を支援してくれるみたいで安く取れるみたいだから来週5日間、朝から夕方まで講習受けてくる!!』


私  『良いじゃん☆ひらめき(パパ頑張って☆)』


父  『だから料理作れないしサラダもないけど…』


私  『えぇっ!!それは困るぅ!!ふらふら


父上は元料理人ということもあって料理の腕は天下一品☆ファーストフード(私は作れない☆)
失業してからは立派に主夫をこなしていました☆キスマーク(魚の煮付けはマジ神☆かわいい

子供の頃は料理人の父を尊敬していましたね♪
酔っ払いビールとタバコ嫌い禁煙から子供の頃から『継がない!!』と断っていましたが料理のできる男性は素敵だと思います☆(板さんは除く☆)


父  『今までは社長(元)が再開のために動いてたから長年の恩もあるし作業員みんな家族みたいな関係だったもんでお母さんには悪いけどギリギリまで待ってもらってたんだが…そうも言ってられないもんで前の会社のことはキッパリ切ろうと思う☆手(パー)
もし社長が仕事紹介すると言ってきても“新しい会社で働いてるから”と断るつもりだ☆』


私  『そっか頑張って☆犬(パパス吹っ切れた☆)』


きっと自分の決意を息子に聞いて欲しかったんだなと父の笑顔を見て実感しました☆ぴかぴか(新しい)
少しでも父を後押しできて良かったです♪晴れ


父  『この際男同士腹を割って話したことだし…』


んんexclamation&question
何だこの前フリは??雨


続く
posted by OK! at 08:54| Comment(4) | まえちん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

親と向き合う☆C

つづき


父  『彼女はいるのか??爆弾





私  『何だそれ!?パンチ


ハイ来た恋愛クエスチョン☆揺れるハート(オレの嫁フラグ成立☆位置情報
放任主義ということもあり父はおろか両親共に恋愛話を相談&紹介した経験がないのでこういう話もしたかったのでしょう♪

父  『お母さんには内緒にしとくから…手(パー)(中学生か☆)』


私  『そやね…今までそういう話して来なかったからね…彼女はおらんよ☆(嫁フラグ消滅☆失恋)』


父  『いつからいないんだ??』


私  『ちょうど1年前やね…失恋あぁ!1年経ってしまった!!台風(ロード第2章☆アレ何章まであったっけ?)』


父  『お姉ちゃんの時は最後まで内緒にされたから(1人だけハバ☆)そういう話聞きたいんだよ☆
あっexclamationお母さんが言ってたけど男の子が欲しいねっ♪って☆(ホントは自分が欲しい☆ひらめき
お姉ちゃんのところは無理だから早く安心させてやれよ☆
お前がいないところでお母さんとこういう話してるんだぞるんるん(によによ☆かわいい)』


私  『…気持ちワルっ!!むかっ(怒り)


嫁はおろか、彼女すらいないというのに…あせあせ(飛び散る汗)
男の子がほすぃ〜♪だと!?(あと10年待って暮レ☆車椅子


…恥ずかしい話なので省略っ!!たらーっ(汗)(強制終了☆)

嫁問題にまで心配かけるとは…あせあせ(飛び散る汗)


続く
posted by OK! at 08:46| Comment(2) | まえちん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

親と向き合う☆D

つづき


中学の時あることがきっかけで父親を許せなくなった…むかっ(怒り)(ナイーブな時期☆)

しかし、もういい加減『許すかわいい時が来たのだと思う☆
『相手を許すかわいいことは『自分を許すかわいいことでもあるのだと思った。

相手を『憎む雷には相当なパワーを必要とし精神的負担も大きい…どんっ(衝撃)
相手を許すことでスッキリし身軽になることで別のことにエネルギーを使うことができる☆手(グー)

過去にとらわれて動けないでいるのなら重い荷物を捨てて未来に羽ばたきましょうるんるん
過去は変えられませんが未来は変えられます☆ひらめき
未来が輝けば辛かった過去も『必要な経験ぴかぴか(新しい)として生まれ変わることができます☆晴れ

そうそう☆
今年の目標に『苦手分野を克服する』と書きました☆手(パー)(天才じゃなくても夢をつかめる10の法則☆B参照)http://konnbiniteiin.seesaa.net/article/138914325.html

項目に『親と向き合う☆』を追加いたしました☆手(チョキ)
今回のことでちゃんと向き合って話をする時間って大切だなと実感しました♪犬(一番の親孝行☆)


何度も何度も


父  『ありがとう☆ぴかぴか(新しい)


と言う父の姿がありました☆
きっと父も長年の重荷が下りたのでしょう♪スッキリした表情でした☆わーい(嬉しい顔)


そして…


シャワーを浴びる私☆ハートたち(複数ハート)(サービスサービスぅ☆猫


すると…


父  『今日はありがとな☆ぴかぴか(新しい)


よほど嬉しかったのでしょうか…


私  『う〜ん☆(ヒゲを剃る私☆)』


父  『実は華龍(行きつけの飲み屋☆中華料理☆ビール)に1万円ツケがあってお前の財布から1万円借りたけどゴメンな…ちゃんと返すから…』


私  『う〜ん、返すなら良いよ…』


父  『ゴメンな…行ってきま〜す☆あせあせ(飛び散る汗)




あぁ…

金はいいから…


私  『この気持ち返せぇっっ!!!パンチ(アル中がぁっ☆爆弾)』




まぁ1ヶ月行くのガマンしてたので許します☆
色んな意味で少し大人になった気がします♪手(チョキ)

posted by OK! at 07:19| Comment(3) | まえちん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

奇跡のピアニスト辻井伸行☆@

それでは『天才じゃなくても夢をつかめる10の法則』ラスト☆


奇跡のピアニスト辻井伸行☆ぴかぴか(新しい)
親子の絆に隠された法則とはexclamation×2


昨年6月アメリカで開かれた『ヴァンクライバーン国際ピアノコンクール』に日本人で初めて優勝☆かわいい
この快挙は日本中で大きな話題を呼びました☆

全盲というハンデを乗り越えて今や世界的なピアニストになった彼の成功は常に舞台裏で支えてきた母いつ子さんの存在無しには語れません。

二人三脚で歩んできた苦難の道のりをこれからたどることにします☆


伸行さんは産婦人科医をしている父孝さんと当時フリーアナウンサーだった母いつ子さんとの間に生まれました。

しかし、生まれて間もなくいつ子さんは不安を覚えるようになりました。


母 『赤ちゃんの様子がすごーく心配!他の子と違ってほとんど泣かないし寝てばかりいる。それに眼はまったく開かない状態で元気がないみたいあせあせ(飛び散る汗)


間もなく診断された結果が『小眼球』

眼球の成長が不十分で全盲または弱視といった視覚障害を起こす。何らかの理由で成長しなかった眼の障害です。
伸行さんは一生眼が見えないことを告げられたのです。


母 『なぜ私の可愛い赤ちゃんがこんな過酷な運命を背負わなければならないのexclamation&question


『その頃、街に出始めたクリスマスツリークリスマスやイルミネーション。夜
伸行にはこの光景が一生見えないんだと思うと人知れず涙を拭う日が続いたのですたらーっ(汗)

辻井いつ子著 『今日の風、なに色?』より


続く
posted by OK! at 19:49| Comment(0) | まえちん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

奇跡のピアニスト辻井伸行☆A

続き


悶々と悩む日が続いたある日…

そんないつ子さんに最初の明るい希望の光ぴかぴか(新しい)がともったのは伸行さんが生まれて4ヶ月目のことでした☆

いつ子さんが偶然立ち寄った本屋で一冊の本本と出会ったのです☆

福澤美和著 『フロックスはわたしの目』

視力障害を持った福澤さんが盲導犬のフロックス犬と暮らす様子をエッセイ風に綴った作品でした。
そこには目の見えない福澤さんがなに不自由なく生き生きと暮らす姿が描かれていたのです☆ひらめき


母 『福澤さんにぜひ会ってお話が聞きたいexclamation×2


いつ子さんはわらをも掴むその必死の想いをカセットテープに吹き込んで送ったのです。

そんな必死な願いが通じ間もなく辻井さん一家は福澤さんに会うことが出来たのです。


母 『福澤さんとの出会いは私たち親子にとってとても勇気付けられるものでした。
伸行が抱えている“見えない”世界が私たちが考えているような暗黒の世界ではないことに初めて気付かされたからです』

辻井いつ子著 『今日の風、なに色?』より


いつ子さんは伸行さんの『見えない世界』に近付こうと暮らし方を変えます。


母 『家の中は散らかっていてもとにかく子供との時間を一番に考え、コミュニケーションをとるのが一番で…』


母 『伸行との2人の生活ではかたわらに音楽があるというのが当たり前になっていました。CDをかけたり私が歌ったりしていないと何となく伸行の機嫌が悪いのです。』


母 『その頃よくかけていたのはショパンの“英雄ポロネーズ”でしたるんるん


続く
posted by OK! at 21:39| Comment(0) | まえちん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。